木島平村の福寿草

2021年3月22日(月) 春分の日も過ぎてだんだんと春らしくなりました。今日は晴れてとても良い天気で木島平村の福寿草を見に来ました。

20210322_10313.JPG

場所は木島平村の原大沢地区の福寿草群生地。
馬曲温泉に向かう道路の途中から少し奥に入った場所にあります。
斑尾や、遠く妙高、戸隠、飯縄山などが見られる景色の良い場所です。
毎年4月上旬に地元の住民団体である「福寿草を愛する会」による福寿草まつりが行われるそうですが今年は中止かな。

20210322_10338.JPG

4月上旬が「福寿草まつり」なら時季としては早いかとも思われましたが、しっかり咲いてました。

20210322_10336.JPG

奥信濃の長い冬、雪の下でじっと耐え開花した福寿草。

暖かな春の陽をあびてうれしそうです。

20210322_10320.JPG

枯れ葉の間からたくさんの花を咲かせます。

ここには10万株が群生しているそうです。

20210322_10314.JPG

雪解け水が流れる豊かな地でカタクリも咲いていました。

20210322_10308.JPG

時季になれば群生して咲く姿が見られるようですが、少し早いのか枯れ葉の下に埋もれているのか見つかりませんでした。

木島平のスキー場にはまだしっかり雪がありますが、このあたりはもう残っていません。

20210322_10311.JPG

踏まないように慎重に歩きながら散策を楽しみます。

20210322_10322.JPG

ふきのとうもだいぶ大きくなりました。

20210322_10324.JPG

福寿草は木島平村の花なんだそうです。
花言葉は、「幸福」、「幸せを招く」、「永久の幸福」、「回想」、「思い出」など。

20210322_10323.JPG

まさに黄金色の福々しい花だね。

ところどころでアズマイチゲも見かけます。

20210322_10335.JPG

この間柏崎で見たキクザキイチゲも同じ仲間だけど、花も葉も小ぶりでかわいいね。

20210322_10328.JPG

かろうじて一輪だけ風にあたって開いていました。

20210322_10333.JPG

場所によっては一緒に咲いているところも見られます。

20210322_10347.JPG

畑の土手にはオオイヌノフグリとハコベがびっしり。

20210322_10341.JPG

小さくてどこにもあるけど、近寄って見ると可憐な花です。

20210322_10343.JPG

うららかな春の散策となりました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント