花ぐるめ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017 5月17日 藤とツツジのお花見に

<<   作成日時 : 2017/05/20 05:51  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


風薫る五月、さわやかな季節で藤の花とツツジが見頃を迎えたので佐久市までドライブ。 まずは稲荷山公園で、ここは臼田城山にあるとっても眺めの良いところ。 近くの龍岡城五稜郭とともに桜がきれいな事で有名です。 花木園があってきちんと手入れされた公園内には四季折々にいろんな花が楽しめます。

駐車場への案内が小さく、道路も狭いのでちょっと分かりづらいけどたどり着けました。
ピンクのツツジが満開、白いのも咲き始めてました。

画像


絹の質感を思わせる白いツツジ
ちなみにツツジはおしべが10本、サツキは5本らしい

画像


佐久市に合併した臼田町と愛知県岡崎市は昭和58年に「ゆかりのまち」になったそうです。

画像


佐久市は銀河連邦共和国と友好都市なんだそう。

銀河連邦共和国ってなに? 
文部科学省宇宙科学研究所の研究及び観測施設のある市町村がユーモアで共和国をつくってるんだって。
相模原市、秋田県能代市など宇宙関連施設のある4市1町が加盟しているそうです。

星の町うすだには大型パラボラアンテナの臼田宇宙間観測所があるもんね。

右側の階段を登ってコスモタワーへ向かいます。

画像


展望台を囲むように白と紫の藤が咲いてます。
紫はほぼ満開、白い物は咲き始めでこれから見頃になりそう。

画像


公園の一番上にある宇宙ロケット型展望台「コスモタワー」
高さ35メートル!
平成27年に塗装して、宇宙への発射に備えリニューアルしました。 (佐久市HPより)

画像


階段で展望台に上がると360度のパノラマが広がります。
信州サンセットポイント100選にも選ばれてるタワーからの眺望は絶景。

画像


10時、正午、15時にからくり時計が作動、天使が出てくるんです。

画像


ぐるりと回って臼田橋西の交差点側の駐車場に車を移動。
稲荷神社に参詣。

画像


朱塗りの鳥居をたくさんくぐって、結構長い階段を登ります。
途中まででも100段あった。

画像


途中スミレなど見ながらひと休み

画像


稲荷神社の本殿でお詣り

画像


両脇の灯籠にはお稲荷さんがおられます。
鼻面稲荷のお稲荷さんは正面を向いてたからちょっと形が違うかも。

画像


ツツジもいいけど桜の時期にまた来てみたいところ
右側が袖ふりの松らしい
(木曽義仲が弓を引こうとして邪魔になった松を、巴御前が着物の袖をふって横倒しにした。 倒れたところから芽が出たという言い伝えで本家の松は南木曽にある。)

画像


臼田町から中込に移動して旧中込学校の藤です。
明治8年(1875年)の開校時に植えられたもので樹齢は100年以上。

画像


長きにわたり愛され、いろんな歴史を見てきたんでしょうね。

画像


国内の学校建築のうち現存する最古級の擬洋風建築物で長野県宝、国重要文化財に指定されています。

画像


窓に当時としては珍しいガラスを使用していたところから「ギヤマン学校」ともよばれ、開校当時は見学する人が連日後を絶たなかったといわれている。

画像


磨かれた教室の中で
当時使っていたオルガンも弾かせてもらえます。

画像


昔の子供の机ってこんなに小さかったかな

画像


懐かしさがよみがえり、何十年か前にタイムスリップしたかのような時が流れます。

画像


お隣には公園があってちょうどツツジが満開でした。

画像


少し薄紫がかっているところがきれいだね

画像


公園には蒸気機関車C56やガソリンカーもあって、お願いすると乗せてくれる。

画像


今度は中込から岩村田に移動して12時近くなったのでランチタイム。
今日のお店は岩村田駅のそばにある老舗洋食屋さん レストランきくや。

画像


歴史を感じさせる調味料入れ
女将さんが47年やってるって言ってた。

画像
 

カレー、スパゲッティーや洋食物から刺身定食まであるよ

画像


味自慢和風の洋食屋さんというか食堂かな

画像


小鉢のきのこおろしはお茶と一緒に最初に出してくれた物。
ビールのお通しはこちらの竹の子の煮たのを出してくれました。
鰹節の出汁がしみてて美味しい。 木の芽がまたいい。

画像


ジャンボハンバーグ定食とヒレカツ&エビフライ定食をオーダー

画像

画像


どちらもボリューム満点。
たっぷりのしらすおろしだけでも御飯が行けそう。

画像


キャベツやレタスなどのサラダの脇にはなんと天ぷらと苺が添えてある。

画像

画像


漬け物もいっぱい、味噌汁も具だくさん。

画像

画像


ちょっと訛ってるけど、気さくで優しい女将さんが飲み物までサービスしてくれました。

画像


外観はかなりくたびれてるけど、さすが50年近く営業してるお店に大満足。
また来たいお店のひとつになりました。

さて、お腹もいっぱいになったところで最後の目的地に移動。
お店からすぐそばの円満寺です。

毎年5月下旬に地元の保存会の方が観藤会を開いているそうです。

画像


立派なお庭のつつじがすごい。

画像

画像


濃い紫色が鮮やか

画像


オオデマリやボタンも植えられた立派なお庭です。

画像


つぼみの間からテッセンの花が

画像


見事な八重咲きのツツジもあります。

画像

画像


狛犬もツツジに囲まれております。

画像


開祖が京都から持ち帰り300年前に植えられたという藤の古木は「砂ずりの藤」と呼ばれているそう。
子供たちが藤棚の下をくぐって帰って行った。

画像

画像


初めて見ました八重咲きの藤。
八重黒龍藤という種類らしく別名牡丹藤とも呼ばれ、現存する藤の中では唯一の八重咲きだそうです。

画像


桜が散っても、藤、ツツジ、ボタンと花を愛で季節の移ろいを感じられる日本はいいところですね。
今日も良い一日でありました。





























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017 5月17日 藤とツツジのお花見に 花ぐるめ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる